脳梗塞の危険性を理解しましょう|病気のリスクを減らす

胆のうがんの原因

医者

女性に多いとされている病には、胆のうがんがあります。胆のうがんは肝臓の中に存在している胆管がアルコールの影響によって炎症を起こし、最終的にがんになってしまったものです。

More Detail

脳動静脈奇形の危険

病院

脳動静脈奇形の状態は人によって異なります。脳に異常がないかの検査を病院で行なうようにして、脳動静脈奇形のリスクを少しでも避けるようにしましょう。脳出血やくも膜下出血を引き起こす危険性もります。

More Detail

脳梗塞の危険性

女の人と男の人

近年は昔に比べると病気に掛かる人が多くなっています。その理由としては、運動不足など、普段の私生活により身体に様々な負担を掛けてしまう人が多くなってきていることが挙げられるでしょう。現代人の多くが様々な病に掛かるリスクを抱えているのです。最近特に多くなって来ているものが、脳梗塞でしょう。脳梗塞を発症する前には、多くの兆候が現れます。特に目立つのが口が思ったように動かせないといったことや、呂律がおかしくなったりなど、言葉を上手く話せなくなることです。この症状は一過性のものであり、脳の血流が一時的に悪くなっている時に起きる脳梗塞の前兆なのです。一過性なものであることから、時間が経てば改善され、危険視しない人もいますが、その症状を放置していると近いうちに脳梗塞を発症してしまいます。

脳梗塞を発症してしまうと、脳の血流が停止したことによって、脳の一部が壊死してしまいます。そうなってしまうと後遺症が残る可能性が高いのです。脳梗塞の後遺症で最も多いのが、麻痺です。片側半身麻痺や、顔の表情が作れなくなるなどの麻痺が残りやすいでしょう。脳梗塞は明確な兆候が無くても、隠れ脳梗塞として患っている人が少なくありません。隠れ脳梗塞はMRI検査などでしか見つけることが出来ないものです。自覚症状がないため、病院などで検査を受けるようにしましょう。もしも隠れ脳梗塞であった場合には数年の内に重篤な症状となる危険性が高いのです。

リウマチの検査

シニア

身体を自由に動かすことができるのは当たり前に感じるものです、しかし、関節リウマチになった場合、その尊さを理解できるでしょう。関節リウマチは世田谷の病院で検査をすることができます。

More Detail