脳梗塞の危険性を理解しましょう|病気のリスクを減らす

脳動静脈奇形の危険

病院

脳動静脈奇形とは脳に流れている動脈に異常があることです。通常は脳の動脈は毛細血管に血流を流すものなのですが脳動静脈奇形である場合には、毛細血管に血流が周らずに静脈へと流れていってしまうという異常が見られます。脳動静脈奇形を患っている人は十万人に一人とも言われている程であり、とても珍しい病気とされているのです。脳動静脈奇形と聞いて特別に危機感を感じない人もいますが、脳動静脈奇形は、確立は低いですが脳出血やくも膜下出血を引き起こす危険性もあるのです。

脳動静脈奇形によって引き起こされる、脳出血やくも膜下出血は非常に危険なものです。脳の出血は脳内の血管が詰まり、血流が行き場を失った時に発生してしまうものですが、脳動静脈奇形の場合はそれが起きやすくなっています。脳の血管が破裂してしまうことで、身体には重い後遺症が残ります。そのため、脳に異常がないかの検査を病院で行なうようにする必要があるのです。病院で行なわれる脳動静脈奇形の検査には一日程度の入院が必要となります。

脳動静脈奇形の状態は人によって異なっています。発生している状態の大きさがどの程度の範囲なのか、また脳のどの場所に発生しているのかも非常に重要です。脳の中でも運動を司っている場所にできている場合には治療を行なう際にリスクが高まってしまうでしょう。脳動静脈奇形の手術が終わった後に身体に麻痺が残ってしまう場合もあります。術後には多くの場合リハビリを行なう必要が出てくるでしょう。